FC2ブログ

相場の力関係 その2

為替の取引の内、9割程度は投機的需要で残りの約1割が貿易会社等の実需であるというように
言われることが多いです。
この認識でいくと、為替市場では投機筋の力が圧倒的に大きく、実需筋の影響は小さいと思ってしまいます。
正確には、少し違うようです。
銀行で為替ディーラーをやっていた方からの情報で知ったのですが、
為替取引全体の半分以上が為替の需給には関係のないスワップ取引だそうです。

スワップ取引とは、例えば銀行が企業から先物為替(決済が数ヶ月後に予定されている輸出入取引)の
売り注文が入ったときに、直物市場(手形の買取や海外への送金など、今すぐ外貨と交換する必要がある取引)で
その注文を売ってカバーし、同時に直物の買いと先物の売りを行った場合、この直物為替と先物為替の売買を、
同時に交差的に組み合わせて行う取引のことを言います。
そのようにすれば、残るのは先物の売りポジションのみですから、数か月後の時点で輸出企業から買ったものと
相殺されることで、銀行は為替変動による損失を避けることができるというわけです。

細かいことはさておき大事なことは、前述したように為替取引全体の半分以上が為替の需給には関係しない
リスクヘッジ取引であるということです。
このスワップも為替取引の出来高としてBIS(国際決済銀行)に計上されるとのことです。
東京市場のドル円ではスワップ取引が半分以上どころか約8~9割にも達するそうです。
その残りの取引が為替の需給に関係し、それが実需と投機筋ということになります。
おまけに、投機筋は必ず短い時間で買ったものは売り、売ったものは買い戻すということになります。

従って、世間で言われているように無条件で投機筋を過大評価することは、相場の力関係上必ずしも
正解ではないと言えますし、反対に実需は為替の変動に大きな影響があると言えます。

正しくは、投機筋は短期的には大きな影響を与えることがあり、短期の投機家はその動向や仕掛けに
注意をする必要があるが、投機筋にメジャートレンドを作る力はない。
メジャートレンドを作り相場を動かしていくのは、やはり実需や長期の資本取引・長期の投資家であると
いうことになります。






相場の力関係

トレードを行うには、プロ、アマに限らず、相場の力関係を考える必要があります。
それは、自分が戦う相手のこと、相手の力をしらないと戦略、戦術が立てられないからです。
更に、相場の力を短期的及び長期的な影響それぞれについて認識する必要があります。
ポジションを1日から長くて1ヶ月程度保有する人たちの動向や、数年から数十年に渡って持ち続ける
人たちのことを認識することを指します。
私は前者を「短期筋・投機家」、後者を「投資家」と呼んでます。
又、金融界のトレードに携わる職業人の人達を「短期筋」と「投資家」に当てはめた場合はどうなのかと
いったことも考慮して、相場関係者の力関係を考える必要があります。
力関係を考えることで、私たち個人トレーダーが厳しい相場の中で生き残っていくヒントが見えてきます。

しかし、その前に投機と投資という言葉の意味についてしっかり区分して認識する必要があります。
投資は、資本にお金を投じるものであるから「投資」、投機は機会にお金を投じるものであるから「投機」です。
投資は、対象そのもの(株式や不動産等)の価値、将来性にお金を提供して儲けようとするもの。
投機で代表的なものは、CFD(Contract For Difference、差金決済取引)です。
FXもCFDの中の通貨に絞った金融商品です。

一般的に、投資は長期取引(数年から数十年のポジション保有)で、投機は短期取引(数分、日、長くて1ヶ月)です。
従って、FXトレーダーの方が「私は個人投資家です」と言っている人がいますが、厳密には「個人投機家」が
正しいわけです。
又、株式をやっていても、スキャルやデイトレーダーである場合は、これは「投機家」なわけです。
反対に個人で長期保有目的で株式の取引をしている方は、文字通り「個人投資家」です。
投機家は近い将来に必ず反対売買を行います。
投機家は短期筋です。
投資家は通常はポジションを何年も持ち続けることが多いです。
なぜ、投機家と投資家という言葉にこだわるかと言いますと、
相場の力関係を知るには、短期筋か長期保有かまたは中長期かといったことが重要なファクターになるからです。










のんびりやってます。

今の建玉は最初にエントリーしてから、5か月になります。
エントリー後、幸いにして含み損もなく、精神的負担もなくやれています。

専業で日経225先物をやっていた3年間はずっとデイトレードでした。
今は本当にのんびりとトレードをやっています。
1日に1回程度はチャートを見ますが、一週間に1回の確認でも可能な手法です。

スキャルやデイトレード等の短期トレードは難易度が高いです。
それは、短期では負けトレードを避けられないので、勝率を上げることが難しく、その分損切の徹底かつ
リスク・リワード管理(損小利大)が「セットの手法」でしか、継続的に勝つことは難しいからです。
従って、短期トレードは、損切りとルールを徹底して実行する精神力も求められます。

トレードを「やさしいもの」にするには、短期トレードでの必須事項の反対を考えればよいことになります。
勝率が高く、損切をあまり気にせずともよく、又損小利大もガチガチのルールではなくてもそこそこ実現することができて、
万が一の急動時でも損失が限定・想定内であることから、日ごろの勝ちトレードのプール額が万が一の時の損失額を
上回ればよいのです。 

万が一を含めてトータルとして負けることがないということほど心強いことはありません。
ストレスゼロの手法です。

言葉を変えれば、相場のリスクを一つ一つ潰していけばよいということになります。
相場のリスクは、色々あります。
FX等のCFD取引の場合は、「相対取引」であることから、証券会社等のストップ狩りを考える必要があります。
ヘッジファンドや日計りの証券ディーラーの仕掛け・価格操作もあります。
経済イベント時や要人発言等による価格の大振れや、災害や「~ショック」といった極端な値動きもあります。
それから、2016年頃からは日常的に超高速取引(HFT)、AI(人工知能)によると思われるわけのわからない
大きな値動きが出現するようになりました。
これらすべてのリスクが、日常的、数か月単位、数年に1度の頻度で繰り返し私たちを襲ってくるわけです。

この日常的な損切貧乏や大きな価格変動時に一発退場させられるわけですから、
これらの価格変動で「損切させられることのないスパンでトレードを行う」ことが「肝」になります。
大きな値動きの範囲外に損切値を置き、個人トレーダーの武器である「時間」を活用し、資金管理を徹底し、
少し優位性のあるロジックでエントリ-することで勝率はグンと上がるはずです。
「トレードは勝率ではないよ、リスクリワードですよ」という方は多いですが、勝率が高いということは精神的に楽に
トレードができるということです。
コツコツドカンにならない手法であれば、勝率は大きな武器になります。
トレードは難しいものではなく、やさしいものに変化するはずです。

損切なしの手法ですから、損切貧乏で退場することはありません。
急騰・急落を想定した資金管理ですから、市場から一発退場することもありません。
勝率も99%以上ですから、負けるトレードがほとんどありません。
詐欺商法のうたい文句のようになってしまいましたが、本当ですから仕方ありません。
従って、精神を鍛える、感情を抑えてトレードをする必要もありません。
期待だけでストレスもゼロです。
私の中では「聖杯」というものに近いのかな、「やっとたどり着いた」という思いです。

あとは、「エントリーや押し、戻りの読みの精度をチャート上からどのように上げていくか、
利益確定の根拠づけをどうするか」というような課題はありますが、それは私にとっては残った
楽しみということになります。
やはり、「トレードは、リスク管理、資金管理で決まり」です。





瞬間移動

1月もはや中旬になりました。
1月3日はアップルショックでFXの値が飛び(瞬間移動)、多くのデイトレーダが追証になり、借金を追うことになりました。
幸い私は、CFD(差金決済取引)での銀/USDの買い玉だけを持っていましたので、ドルが下がった分上昇しました。

トレードに関わってそろそろ30年近くになりますが、まさにこの「瞬間移動」へのリスク管理ができないと「真のリスク管理」
には程遠いと言えます。
ロスカット値やストップ値を指値で入れていても、瞬間移動は正月や土日明けや日本市場が休みの時を狙って仕掛けられる
ことが多いため、急動で逆指値に刺さらず一発退場どころか借金生活を被ることになります。
せっかく普段は継続的に勝っていても、数年に一度のフラッシュ・クラッシュでノックアウトされることになります。
いわゆる、普段でもある「こつこつドカン」のダイナミック版です。
市場から退場するリスクを100%無くさないと、普段「勝ち組だと」自負していても、結局はいつかは「負け組」になるわけです。
以前にも書きましたが、元プロディーラからの情報では、個人トレーダで上級者というのは数万人に1人の割合であると
いっています。1万人に一人だと0.01%になります。
一般的には、勝ち組90%、負け組10%であると言われることが多いのですが、そのディーラーの個人的な実感では数万人
に一人ということになるのでしょう。
「瞬間移動」をもくぐり抜けて継続的に勝ち続けるトレーダーは一握であると思います。

私の最新の手法は、瞬間移動を想定したものになっています。
瞬間移動を予測したり、発生時に対応することはまず不可能ですが、前もって発生する可能性を考慮して資金管理をする
ことは可能です。
投入資金量、許容損失額、レバレッジ、ストップ値及びポジション量は自分で自由に調整することができます。
又は、外国証券会社のゼロカット制度を活用して、最大損失は口座残高に限定したり、
IG証券のノックアウト・オプションでFXもできますから、この商品で取引を行う等、選択肢はあります。
ノックアウト・オプションは設定したノックアウトレベルは保証されており、スリッページ(値のすべり)が発生しないという
のがうたい文句の商品です。
年頭からの「ショック相場」は心臓に悪いですが、お互いに振り回されずに市場で末長く生き延びていきましょう。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。



「不惑」ということ

一般的に40歳から不惑の年と言われている。
「不惑」というのは、人間の格・悟りということからは大事なこととは思う。
一方で開き直るわけではないが満69才になろうとしている現在、「不惑大いに結構」という心境も正直心の中にある。
この世の色々な人との出会い、知識、自分の経験から徐々に自分のレベルというものが分かってくるのが人生だともいえる。
その意味においては、「自分はこの程度だった」という自覚が出てきて、いわゆる空元気的な楽天意識はなくなってくるものだが、私の場合はあきらめが悪く、不惑どころか未だに「じたばた」している。
食環境や医療の発達によって、人生100年時代に入ってきている現在においては、体さえ元気であれば
諦めずにじたばたする人のほうが時代に合っているかもしれないなどと都合よく考えている。

上の文は私が気が向いたら書いている日記的なものの最新盤ですが、トレードに関しては、完全に「不惑」でなければ
ならないと思っています。
なぜなら、本当のプロはエントリー時に逆行した時を含め、「そのトレードのリスクを完全にコントロールしているはず」
と思っているからです。
エントリー後の価格の動きをコントロールすることはできませんが、エントリー時にはエントリーのタイミングや
逆行したときの対策(例えばナンピン値、ストップ値)、利益額の決定等はすべて自分でシナリオを策定して計画的
に履行することが可能です。
いったんエントリーした後は簡単に利確できようが、逆行しようが全て想定内で心は「不惑」です。
自分の計画した価格範囲内での価格位置を認識するだけです。
デモトレードをやっているレベルの身で偉そうなことは言えませんが、目指すトレードはこの通りです。

プロフィール

ginnaka

Author:ginnaka
早期定年退職後に専業での日経225先物トレーダーを3年間経験し、その後努め人との兼業トレーダーとしてFX、CFD等幅広く勉強・研究を重ね、再びFXデイトレーダーとして復活した団塊世代です。
当初よりトレーダーを定年退職後の個人事業的位置づけとした考えは変わっておらず、相場を一旦休業後も資金を貯めながら研究を継続し、真剣に取り組んでいました。

このブログは私のトレード経験と実践を通じて「気づき・学び」を綴っていきたいと思います。

私の気づきや学びが個人投資家の方々の参考になれば存外の幸せです。

当プログを参考にして行った投資損失が発生した場合等について、管理人は一切の責任を負いません。

投資は自己責任でお願いいたします。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ご訪問ありがとうございます。