2017-10-29

FX市場での対戦相手

 私も、相場の勉強をしながらデモトレードやリアルトレードの研究を行っているわけですが、最近、個人投資家の対戦相手は
金融機関のディーラーや、機関投資家やヘッジファンドやAI(人口知能)だけではなく、その前にFX業者との戦いがあること
を知りました。

 FXの市場というのは、中央証券取引所のようなものは存在せず、金融機関だけが参加する「インターバンク市場」がFXの市場
となります。

 しかも、個人投資家等の金融機関ではない者は直接インターバンク市場に注文を出すことはできないために「FX会社」に注文
をすることになります。

 更にFX会社の利益は、基本的にはスプレッドの差額になりますが、顧客の注文をインターバンク市場に流さない選択を行う
会社の場合には、顧客の損がFX会社の収益そのものになるという構造があり、FX会社のカバーディーラーにとっては腕の
見せ所で投資の醍醐味となっているというのです。

 更に、更にレートそのものもFX会社が提示する独自のものであるということになります。
すなわち、FXのトレードはFX会社と私たちトレーダーの1:1の相対取引(あいたい取引というそうです)になります。
 ということは、ビジネスモデルとして顧客の損が会社の儲けとなることから、FX取引についてよく噂になっている価格操作、
スリッページ、スプレッドの拡大、ストップ狩り、注文を流さない呑行為等は現実味を持ってきます。

いずれにしても、トレードにおけるリスク管理としてはあるという前提で考慮しなければならない事柄であると思います。
 ただでさえ、相場は一筋縄ではいかないということが一般的に言われますが、その上に業者の価格操作等があるということ
であれば、個人投資家としては手におえない感は拭えません。

 これも人づての情報ですが、カバーディーラーと言われているプロも個人トレーダーの上級者の判断は参考にして顧客の
注文をカバーしたり、呑んだりしていることがあるとのことですが、その上級者の割合は数万人に一人といっています。

一般的に勝ち組10%割と言われていますが、1万人に一人とすれば0.01%、2万人に一人とすると0.005%ということに
なり、その道は世間で言われている程度の1000分の1、万分の1の狭き狭き門になります。

 絶望的な話になりますが、それでも継続的に勝っている上級者が存在するということは、答えがあるということです。
めげずに探究していきたいと思います。
2017-10-13

FX デモトレード

GBP/USD 土日を除いて17日間かかりましたが、ナンピン分を含めて全部利確しました。

2047.10.13 16:40 GBP/USD 利確売り 1.33197 24000通貨
2017-10-07

「不惑」ということ

一般的に40歳から不惑の年と言われている。
「不惑」というのは、人間の格・悟りということからは大事なこととは思う。
一方で開き直るわけではないが満69才になろうとしている現在、「不惑大いに結構」という心境も正直心の中にある。
この世の色々な人との出会い、知識、自分の経験から徐々に自分のレベルというものが分かってくるのが人生だともいえる。
その意味においては、「自分はこの程度だった」という自覚が出てきて、いわゆる空元気的な楽天意識はなくなってくるものだが、私の場合はあきらめが悪く、不惑どころか未だに「じたばた」している。
食環境や医療の発達によって、人生100年時代に入ってきている現在においては、体さえ元気であれば
諦めずにじたばたする人のほうが時代に合っているかもしれないなどと都合よく考えている。

上の文は私が気が向いたら書いている日記的なものの最新盤ですが、トレードに関しては、完全に「不惑」でなければ
ならないと思っています。
なぜなら、本当のプロはエントリー時に逆行した時を含め、「そのトレードのリスクを完全にコントロールしているはず」
と思っているからです。
エントリー後の価格の動きをコントロールすることはできませんが、エントリー時にはエントリーのタイミングや
逆行したときの対策(例えばナンピン値、ストップ値)、利益額の決定等はすべて自分でシナリオを策定して計画的
に履行することが可能です。
いったんエントリーした後は簡単に利確できようが、逆行しようが全て想定内で心は「不惑」です。
自分の計画した価格範囲内での価格位置を認識するだけです。
デモトレードをやっているレベルの身で偉そうなことは言えませんが、目指すトレードはこの通りです。

2017-10-06

FX デモトレード

GBP/USDを更にナンピンです。
2017/10/06 19:35 GBP/USD 買い 8000通貨  1.30286
2017-10-03

もう一人?の市場参加者

投資に興味を持ってから20年近くになります。 
50年先はどのような世の中になっているのか全く予測が付かないと言われますが、50年どころではありません。
本格的にトレードをやり始めてからたかだか6年程ですが、その短い間にも相場の世界は様変わりしました。
先日の記事では、「市場参加者は金融機関のディーラーや機関投資家やヘッジファンド等のプロの人たちと
私たち個人トレーダーです。 」と書きましたが、実はもう一人?相場には重要な参加者がいます。

それはAI(artificial intelligence)です。
人工知能ということですが、最近は囲碁の世界でもその実力が知られてきていますが、相場の世界でもそのAIが跋扈して
いるというわけです。
ネットで検索すると相場のAIに関する情報がぽつぽつと漏れてきていることが分かります。
AIは、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラム等
のことをいいますが、一度作ってしまえば自己学習し、人間の手を離れても自発的発展が可能なタイプもあるようで、
以前に見た映画でたしか「ターミネーター」だったと思いますが、SFの世界が現実味を帯びてきて空恐ろしくなります。

相場の世界のAIは、HFT(High frequency trading、ハイ・フリーケンシ・トレーディング)と言われる、超高頻度取引、
超高速取引、アルゴリズム取引と呼ばれる高速コンピューターを使用した取引が主なようです。
1000分の1秒単位で膨大な小口売買を繰り返すことで、秒単位で生じるわずかな価格差だけで利益を得る手法のよう
ですが、莫大な取引金額で市場価格に与える影響が大きいと言われています。

AIを利用したこのような取引の特徴からは、短期的な戦術で利益を上げているということが言えます。
私がリアルトレードを行っていた時も思い当たることが多々あります。
板で大きな見せ板が出現し、一瞬で取り消されてその反対方向に短期的なトレンドが発生する。
又、重要ライン付近での極端な価格の突っ込みやブレが一瞬で起こってしまい、損切になる。等
全く理不尽としか言えないようなハチャメチャな動きを何度も体験したことがあります。

必ずしもAIだけではなく、ディーラーのストップ狩り等の仕掛けということもありますが、今思えば、単にそれだけでは
ないスピードやえげつなさから、もうその当時から相場にAIの影響が現れていたのではないかと思っています。

従いまして、前回記載した「準備10割」、「100%のリスク管理・資金管理」ということは、このAIに対する準備も
含まれなければ万全ではないということになります。

プロフィール

ginnaka

Author:ginnaka
早期定年退職後に専業での日経225先物トレーダーを3年間経験し、その後努め人との兼業トレーダーとして勉強・研究を重ね、最近になって再びFXトレーダーとして復活した団塊世代です。
当初よりトレーダーを定年退職後の個人事業的位置づけとした考えは変わっておらず、相場を一旦休業後も資金を貯めながら研究を継続し、真剣に取り組んでいました。

このブログは私のトレード経験と実践を通じて「気づき・学び」を綴っていきたいと思います。

私の気づきや学びが個人投資家の方々の参考になれば存外の幸せです。

当プログを参考にして行った投資損失が発生した場合等について、管理人は一切の責任を負いません。

投資は自己責任でお願いいたします。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ご訪問ありがとうございます。